「カシャ!」シャッター音がたまらない。カメラ大百科 - Slunečnice.cz

 「カシャ!」シャッター音がたまらない。カメラ大百科 1.0.0

Pro hodnocení programu se prosím nejprve přihlaste

Staženo 0 ×
Zdarma
Aplikace pro: iPhone, iPad

Sdílet

今や世界中が写真、カメラブームです。
インスタグラムに代表されるスマートホンによる大ブームです。
今はデジタルカメラですが、ちょっと前までは、フィルム式カメラでした。
このアプリは、フイルム式カメラについて
ややマニアックなクイズ問題で作りました。

カメラ(英: camera)は、写真を撮影するための道具である。被写体の像を感光材料(写真フィルムなど)の上に投影し、適正な露光を与えるための装置を備えている。キャメラ、写真機ともいう。また、ビデオカメラや映画用カメラ(シネカメラ)等動画を撮影するカメラと区別する意味合いからスチル(スティル)カメラ(still camera)と呼ぶ場合もある。
なお、「カメラ」という言葉は、広義には「像を結ぶための光学系(レンズ等)を持ち、映像を撮影するための装置」全般を指すこともある。
カメラの原理は、写真術の発明以前から知られていた。窓のない暗黒の部屋の壁面に小さな穴を空けると、反対側の壁面に外の景色が映し出される。これを応用して、日食の観察を行ったり、絵画の下絵を描く目的に使われた道具が、カメラ・オブスキュラである。16世紀には、小穴の代わりにレンズを用いて、より鮮明な像が得られるようになり、反射鏡によって箱の上面に像を結ばせるようにした小型のカメラ・オブスキュラが作られた。これは絵画における遠近画法の確立に寄与したと言われている。

1824年、ニセフォール・ニエプスが世界初の写真である「ヘリオグラフィ」を発明、携帯型カメラ・オブスキュラの画像が定着できるようになった。1839年8月19日にはルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが初の実用的写真術「ダゲレオタイプ」を発表。その後のカメラは、写真とともに発展していった。

19世紀末までに、記録媒体として写真フィルムが普及し、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが大衆化する。1950年代まではイギリスやドイツ、アメリカ合衆国が世界市場を牽引していたが、1970年代以降は、日本製のカメラが世界市場を席巻する。1963年(昭和38年)には、露出を自動化したAEカメラが現れた。さらに1977年(昭和52年)には、オートフォーカス機構が実用化され、構図を決めてシャッターを押すだけで写真が撮れるのが当たり前の時代になった。

2000年(平成12年)ごろから、撮影した画像を従来の銀塩フィルムによる化学反応ではなく、デジタルデータとして記憶素子に記録するデジタルカメラが一般に登場する。その後、デジタルカメラは徐々に勢力を伸ばし、ついには従来のフィルムカメラを駆逐する勢いとなっており、フィルムカメラ関連の事業が縮小していった。

写真の面白みは、「時間の切り取り」だと思います。
写真ってご存知の通り、カメラに設定した「シャッター速度」で撮った出来上がりを見るわけです。例えば1/1000秒とか1秒と言う違う時間で切り取ってみると、同じ物を撮影しても場合によっては想像とは違う画像が出来上がって来る場合が有ります。それが1番の楽しみです。
写真の面白みを追求する為には、何はともあれ沢山撮影する事です。それと1つの物を見つめる場合でも、一定の方向から見つめるのではなくて縦・横・斜め等色々な方向から見つめる事です。そうする事によって今まで考えていたのとは違う見え方がする場合が有ります。そうやって沢山撮影して経験する事によって、どう撮ればどう見えて来るかが解ってきます。例えば美人のモデルさんを撮影する場合だって、鼻の穴を拡大するように撮影すれば、美人が美人に見えなくなる場合だって有り得るわけです。
他人とは違う感性で物事を見つめれば、きっと楽しい・面白い写真又は写真を見た方が「アッ!!」と思うような写真や感動する写真が撮れると思います。5562ketsuiさんは、私達みたいに写真で生計を立てようとしているのではないのですから、色々創意工夫して面白い写真を撮られるのも有りかと思います。
カメラはあくまでも写真を撮る為の道具にしか過ぎません。道具とは「○○とハサミは使い様」です。ですから、高い費用を出して一眼レフを買う必要は無いと思います。今お持ちのカメラで色々創意工夫して撮影して下さい。1つの出来事・1人の人物でも色々な角度から見つめる事で他人が考えも付かない物が撮れる場合が有ります。そう言う写真が面白い写真であり、価値がある写真だと思います。ですから、今お持ちのカメラで色々考えながら撮影して下さい。
一眼レフ等の高価なカメラを買うのは、機能的にどうしても撮影出来ないと今お持ちのカメラを使って考えた時からでも決して遅くありません。逆に言えば、一眼レフみたいな高価なカメラを買えば必ず面白い・楽しい・他人を感動させる等の写真が撮れるわけではないのですから・・・。
まずは「写真の面白さを追求する」なんて考えないで、思うままに沢山撮影して下さいね。そうしているうちに色々な面白み・楽しみ方が解って来ると思いますよ。
  • Verze programu

    1.0.0

  • Poslední aktualizace od vývojáře

    5. 4. 2017 2017-04-05

  • Počet stažení

    0 ×

  • Velikost

    20,11 MB 20.11 MB

  • Web autora

  • Zábava
  • Systémové požadavky

    Aplikace pro: iPhone, iPad

  • Podporované jazyky

    • Japonština
Zobrazit více

Pro hodnocení programu se prosím nejprve přihlaste

Staženo
0 ×

TIP: Stahují se vám programy pomalu? Změřte si rychlost svého internetového připojení.