知らざあ言って聞かせやしょう。歌舞伎用語と屋号と役者 - Slunečnice.cz

 知らざあ言って聞かせやしょう。歌舞伎用語と屋号と役者 1.0.0

Pro hodnocení programu se prosím nejprve přihlaste

Staženo 0 ×
Zdarma
Aplikace pro: iPhone, iPad

Sdílet

このアプリは、今も人気の歌舞伎の専門用語や屋号とその役者についての
クイズアプリです。

歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。重要無形文化財(1965年4月20日指定)。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年にユネスコにおいて傑作宣言され、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。
歌舞伎という名称の由来は、「傾く」(かたむく)の古語にあたる「傾く」(かぶく)の連用形を名詞化した「かぶき」だといわれている。戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけて京や江戸で流行した、派手な衣装や一風変わった異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走ることを指した語で、特にそうした者たちのことを「かぶき者」とも言った。
そうした「かぶき者」の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特な「かぶき踊り」が慶長年間(1596年 - 1615年)に京で一世を風靡し、これが今日に連なる伝統芸能「かぶき」の語源となっている。
「かぶき踊り」は主に女性が踊っていた事から、「歌舞する女」の意味で「歌舞姫」、「歌舞妃」、「歌舞妓」などの表記が用いられ[5]たが、江戸を通じて主に用いられたのは「歌舞妓」であった。現在用いられる「歌舞伎」の表記も江戸時代使われない事はなかったが、一般化したのは近代になってからである。
なお江戸時代「歌舞伎」という名称は俗称[6]であり、公的には「狂言」もしくは「狂言芝居」と呼ばれていた。
「市川團十郎」等をはじめとした歌舞伎役者の芸名は名跡(みょうせき)と呼ばれ、代々受け継がれていく。名跡を継ぐ事を襲名(しゅうめい)といい、役者達は経験を経るにつれ、名跡を順々に取り換えて次第に大きな名跡を継いでいく。実子が名跡を継ぐ事が多いが、「養子・兄弟・実力のある高弟など」に名跡を継がせる事もある。ただしここでいう養子は法的な意味でのそれとは限らず、いわば芸の上での養子である事もあり、これを芸養子という。
役者達は名跡とは別に家ごとにきまる屋号(やごう)も持っている。
歌舞伎では上演中に大向こう(≒後ろの方の席)等から役者に掛け声をかける習慣があるが、ここで呼び掛けるのは名跡ではなく屋号であるのが基本である。
役者と音楽奏者は、世襲以外では国立劇場が研修生を募集している。歌舞伎とは無関係な家に生まれながらも研修を経て役者となった例としては、市川笑也や市川月乃助、市川春猿らが知られる。
  • Verze programu

    1.0.0

  • Poslední aktualizace od vývojáře

    5. 4. 2017 2017-04-05

  • Počet stažení

    0 ×

  • Velikost

    20,6 MB 20.6 MB

  • Web autora

  • Zábava
  • Systémové požadavky

    Aplikace pro: iPhone, iPad

  • Podporované jazyky

    • Japonština
Zobrazit více

Pro hodnocení programu se prosím nejprve přihlaste

Staženo
0 ×

TIP: Stahují se vám programy pomalu? Změřte si rychlost svého internetového připojení.